【参・人を知る】ページタイトル

人を知る

ページタイトル画像
コンテンツ

システムエンジニア 伊藤 彰弘 Akihiro Itou

伊藤 彰弘 写真

現在の主な仕事内容

クラウドサービスを利用したサーバーホスティングやシステムを用いた、お客様のニーズに合わせた提案を行うためのプロダクトを開発しています。 AI部門では、スマートスピーカーを用いた業務改善のプロダクトを構築や自社開発のAIチャットボット、Amazon Alexaスキルの開発を担当しています。

導入事例としては、アパマンショップを展開する、ApamanNetwork社が提供する新生活を支援するスキル「アパマンショップ」スキルを制作し、新生活を始める社会人や学生が、引っ越し後にやるべき手続きや生活する上でのアドバイス(ゴミ出しスケジュールのブッシュ通知や役立ちコラムの紹介)、お部屋で発生するトラブルに対するお助け機能、近隣施設の検索機能を提供しています。

伊藤 彰弘 写真2

終わりのない可能性を持った先進技術を用いた開発

仕事のやりがい。こだわり。

インフォネットのAIチャットボット「Q&Ai」の特徴としては、infoCMSで培った管理画面の操作性はもちろん、マイクロソフトやGoogleなどが提供しているAI関連のAPIを組み合わせ、最高のパフォーマンスを出せるよう進化し続けています。
 ※スマートスピーカーはPCやスマホを用いることなく、声で調べ物やお買い物、その他サービスを利用できるのが特徴です。PCやスマホを使い慣れていない、小さい子供や高齢の方でも、自然な会話で利用できるコンテンツが提供されています。

エンジニアとして意識している事としては、「お客様の視点でモノづくりをし、顧客満足度を高める事」です。
いままで経験してきた開発の中でも、AI開発は、終わりのない可能性を持った先進技術を用いて、色々な技術を学び習得する事で、不可能を可能にすることが出来る事がやりがいにつながっています。

チャットボットやAlexaスキル開発には、ユーザーが問いかけるシナリオを構築する事が重要視されていて、会話の流れを構築する事が最大の課題になっていたが、その課題を解決するために色んな人から意見を聞いて、生かすことで精度を上げることが出来ました。
自社のシステムを自部署以外の人と協力して作り上げ、リリースできたとき、達成感を味わいました。

伊藤 彰弘 写真3

先輩社員からのメッセージ

「社員の声が経営陣に直接伝わる事」「大手企業の仕事を出来る事」 各部署のプロフェッショナル達が、それぞれの目線で意見をぶつけ、よいものを作ろうという考えを持っていること。そこからよいモノづくりに発展している事を実感します。

スケジュール

1日のスケジュール

9:00 出勤
9:30 メールチェック

届いているメールの確認や、技術系の読物をチェック

10:00 業務
13:00 部の定例MTG
14:00 業務
18:30 退勤  水曜日はスマートワークデー!定時退社がルールです。

繁忙期は、残業も多くなってしまうのですが、早く帰れる日は極力早く帰るようにしています。