ページタイトル

コラム

ページタイトル画像
タブ風リンクボタン
コラム
WEB

SEO対策とは?初心者が知っておきたい基礎知識

SEOのイメージ画像

「検索エンジン最適化」と訳されるSEO (エス・イー・オー/Search Engine Optimization)。これは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンでキーワードを検索した際に、任意のサイトを上位に表示させるマーケティング戦略のひとつです。本記事では、SEO対策を行うメリットと検索エンジンの仕組み、SEO対策の考え方について、初心者の方にもわかりやすいように解説します。

検索結果を上位に表示させるメリットとは?

Google検索の結果画面を見ると、まずは調べたいキーワードに関連するリスティング広告が表示され、続いて通常の検索結果(オーガニック検索・自然検索)が表示されていることにお気づきでしょうか。
SEO対策とは、手がけているサイトをこの広告直下にあるオーガニック検索エリアの上位に表示させ、多くの方に認知・閲覧してもらうようにする取り組みのこと。サイトが上位に表示されると、問い合わせが増える・商品が売れるといったコンバージョン(成果)に結びつきやすくなります。

検索エンジンの仕組みとインデックス化

パソコンで仕事をする人

私たちが検索窓へキーワードを入力した際、検索エンジンは以下の処理を瞬時に行っています。
入力された言葉の意味と検索意図を分析

データベースから最適なページを選出

決められた順位で結果を表示
つまり、サイトを検索結果上位に表示させるためには、検索エンジンが日々どのように情報を収集し、いかなる仕組みで順位を決定しているのか を知る必要があります。

インターネット上では「クローラー」と呼ばれるプログラムが周期的に巡回し、テキストや画像などの情報を収集しています。得た情報をデータベースに登録(インデックス)することで、検索エンジンがサイトを認識。インデックス化され蓄積された情報をもとにランク付けが行われ、サイトの順位を決定しています。よって、クローラーが巡回してきた際に情報が見つかりやすいよう、サイト構造を整理しておくこと(クローラビリティ )も非常に重要です。
また、基本的にサイトを公開すればクローラーが巡回に来ます が、公開後すぐに来てくれるとは限りません。サイトリニューアルや新製品情報など、少しでも早く巡回してもらいたいときは、「Google Search Console」を利用してクローラーを呼ぶことも可能です。

Googleのサイト評価基準を知っておこう

検索エンジンにとっては、ユーザーが利便性を感じてリピーターになってくれることが重要です。そのため、ユーザーのニーズを満たしてくれる可能性の高いサイトから順に表示させようと、独自の評価基準で順位を決定。つまり、検索エンジンに選ばれサイトを上位表示させるためには、ユーザーにとって有益なサイトやコンテンツを作り、かつ検索エンジンの評価基準に合わせたサイト構造にしておく必要があります。
日本ではGoogle、Yahoo!、bingなど複数の検索エンジンが利用されていますが、シェア率が8割近く あるGoogleのガイドラインを中心に考えるのが一般的です。

【参考】StatCounter GlobalStats
https://gs.statcounter.com/search-engine-market-share/all/japan/2020

残念ながら、Googleは具体的なアルゴリズム(順位の算出方法)を公表していません。しかし、“どのような考え方を判断の基準としているか”のヒントは紹介しています ので、ぜひ目を通しておきましょう。

・Googleについて「Google が掲げる 10 の事実」
https://www.google.com/about/philosophy.html?hl=ja
・Google検索セントラル「検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド」
https://developers.google.com/search/docs/beginner/seo-starter-guide?hl=ja

SEO対策は「ユーザー向け・検索エンジン向け」の2軸で考えよう

近年は「コンテンツSEO」と呼ばれる、役立つ情報が書かれた“良質な読み物”を定期的に発信しサイト内へ蓄積することで、ユーザーにとって有益なサイト=検索エンジンの評価を高めるという手法を多くのサイトが取り入れています。

このユーザー向けの情報発信と同時に、検索エンジンの仕組みを知り、サイトやコンテンツを検索エンジンに評価されやすい構造にするといった技術的対策を講じることがとても重要です。